プロミス

プロミスでお金を借りるためには、審査に通過をしなければなりません。審査についての情報をお伝えします。
MENU

審査から融資までの早さナンバー1!

【プロミス】平日14時までに契約完了で★当日振込♪★

プロミス 審査

プロミスでお金を借りたいと思ったら、「審査」に通過をしなければなりせん。

 

 

これはプロミスだけが行っているような審査ではなく、キャッシングと利用するなら必ず通過をしなければならない関門となっています。プロミスもどこの誰かもわからない人にはさすがにお金を貸すことができませんので、申込者のことを詳しく把握しておくというイメージと思ってください。

 

 

プロミスが審査を行う理由は「申込者の返済能力」を見るためにおこなっています。

 

 

審査に通過をするということはプロミスがあなたを信用をして「この人ならキチンと返済をしてくれる」と判断をしてもらえることができれば融資をしてもらうことができますので、そこをクリア出来るようがんばりたいものですね。

 

 

審査に申し込みをする前に、審査の基準がプロミスは設けられてます。ここは最低限クリアをしておかなければ融資を受けるどころか審査に申し込みをすることもできませんので十分気を付けて対応をしたいものですね。

 

プロミスの審査基準は?

@年齢20〜69歳であること。

 

A申込者本人に毎月安定した収入があること。

 

Bブラックリストや信用情報に問題がないこと。

 

C他の会社から借り入れをしており、年収の3分の1を超えていないこと。

 

この4点の詳しい内容についてはトップページに書かれていますので参考にしていただけれわかるかと思います。

 

 

クリアしているならプロミスへ
【プロミス】実質年率『4.5〜17.8%!』来店不要で即日回答!24時間申込OK!  

 

 

この4つは最低でもクリアをしておかなければプロミスの審査申し込むことができません。どれかに問題がある場合は審査に申し込むことは控えておく方が良いでしょう。

 

 

プロミスに限らず、どこのキャッシングでも審査は必ず行っている大事なものです。もちろん一つの項目から見ている訳ではなく、たくさんの項目から審査をおこなっています。

 

 

例えば・・・
@職業、雇用形態
申込者の情報を詳しく見る場合に一番重要な点になります。職業は年収の状況によりますが、世間一般で言われているような高収入の医者や弁護士、パイロットなど社会的な地位も高い方は評価も高くなりますし、公務員も評価はかなり高いです。あとは会社員>契約社員>派遣社員>パート、アルバイトというように順に下がっていきますね

 

 

A勤続年数
今のお勤め先にどれくらい勤務をしているか?と言う点を詳しく見ています。半年くらいの勤務だとあまり評価はよくありませんが10年以上になると最高評価になりますね。これは勤続年数=信頼度という簡単にわかる公式が出来上がります。

 

 

B収入(年収
金額よりも「安定しているか?」と言う点が重要ですね。収入が高いけれど、毎月の波が激しい方よりも、毎月の収入は少なくても毎月安定している方の場合は後者の「収入が少なくても安定している方の方が評価は高くなりますね。

 

 

C住居・居住年数
今住んでいる場所も評価の対象となります。基本的には持ち家に長く住んでいるほど評価も高くなりますし、賃貸の公営住宅などで期間も短い方は評価もさがります。

 

 

D年齢
若ければ良いというものではなく、上記のAと連動している項目です。若いかたよりもきちんと返済をしてくれるような年齢層(30〜60歳)くらいの方が評価が高くなる傾向にありますね。

 

 

E電話
携帯電話よりは固定電話を引いている方が評価は高くなる傾向にあります。

 

 

F家族構成
一人暮らしよりは世帯主など家族が身近にいる方が評価も高いですね。家族がいると言うことは、信頼度も高くなりますのでその点で評価もあがります。

 

 

このようにいろんな項目から審査を行っています。この情報をまとめると「公務員が最強」とことがわかります。部署などによっても多少差がありますが、公務員は評価ポイントも高くなります。

 

 

もちろん誰もが通過をするわけではなく、審査に落ちる場合もありますので十分に気を付けましょう。次にプロミスの審査に落ちた方の情報をまとめています。これを参考にすれば、審査に落ちている方の傾向がわかりますので、読んでおきたいですね。


プロミス 審査 落ちた

プロミスの審査に落ちている方の情報をまとめています。ここで紹介をしているのは、あくまでも一例になりますので参考にして下さい。

 

プロミスの審査に落ちる方の>特徴は?

 

年収の3分の1以上借り入れしようとしていないか?

これは総量規制の問題になります。借入額が年収の3分の1以上は法律によってどこの消費者金融も貸すことができません。

 

 

他の消費者金融で借り入れ申し込みをしている

プロミスに落ちたら困ると思い、いろんなキャッシングに申し込みをしている場合は落ちます。上記の総量規制に引っかかる場合もありますし、複数社の申し込んでいるということは「お金に困っている」という判断になる可能性もありますので、まずはプロミス1社のみにしましょう。

 

 

記載内容に本当のことをかきましたか?

スマホから、郵送書類など記載する内容をきちんとかきましたか?ここに不備があったりウソの内容は書いている場合は審査に落ちる場合があります。たとえ不利になる可能性があってもきちんと記載するようにしましょう。

 

 

信用情報に問題がある

信用情報とは、自分のお金に関する通信簿のようなもので、消費者金融、銀行、クレジットカードなどお金にまつわるいろんな会社が共有している情報になります。他社での借り入れ情報や、返済が遅れた情報、金融事故(自己破産、個人再生、過払い金請求)などすべてにまつわる情報です。

 

 

電話応対が悪い

WEB申し込みの際には電話での口頭質問が必須の項目になっています。この際には本当のことを丁寧に受け答えするようにしてください。
実はプロミスの審査基準に達していても電話の対応があまりにも悪い場合にはプロミスが審査で落とす場合もあります。過剰な丁寧さは必要有りませんが、普通にきちんと話をするようにして下さいね。

 

 

申し込み内容にウソがある

何らかの理由によりウソをついている場合は審査に落ちます。もし、ウソとついても信用情報などの情報を見れば簡単にわかりますので、お金を借りたいからと言ってもウソはいけません。誠実にプロミスに伝えるようにしましょう。

 

 

以上がプロミスの審査に落ちている方の情報になります。

 

 

落ちている方の情報をみれば審査に通過をする方法も見えてきます。ここにある情報を参考にして、プロミスの審査に望みましょう。

サービス一覧

人気記事

プロミス 審査

プロミス 即日

プロミス 金利

プロミス 比較

プロミス 借りたい

プロミス 東京

プロミス 大阪

プロミス 他の地域

プロミス 職業別

プロミス サービス情報

即日融資 情報

キャッシング 即日情報

お金を借りる方法

リンク集

このページの先頭へ