プロミスの審査の条件は?

プロミスの審査へ申し込みをする条件があります。その詳細についてお伝えさせていただきますので確認をして下さい。
MENU

審査から融資までの早さナンバー1!

【プロミス】平日14時までに契約完了で★当日振込♪★

プロミスの審査の条件

プロミスの審査に申し込みをするための条件はいろいろありますが、中でも最低クリアをしておかなければ利用ができない方法について書いていきます

 

 

審査の目的はあくまでも申込者本人の「返済能力」になりますのでそこは理解をしておきましょう。これはプロミスに限らず他のキャッシングへ申し込みをした場合でも同じです。

 

 

お金を貸しても返済ができない方に融資をすることは有りませんね、

 

 

プロミスの審査に申し込みをする4つの条件

@年齢が20歳以上で69歳以下であること。

 

A申込者本人に安定した収入があること。

 

Bブラックリストなど過去に金融事故を起こしていないこと。

 

C総量規制以上のお金を借りていない。

 

この3つのどれかがクリアをできていないならプロミスへ申し込みをすることがやめておくほうが良いでしょう。

 

 

多分、審査に申し込みをしても落ちます。

 

 

年齢は未成年はもちろん利用ができませんが、69歳以上も利用ができません。すでに会社と定年退職しており引退をしていると判断をされますので返済能力がないと判断をされます。

 

 

次に、「申込者本人に安定した収入がある」ことと条件になっています。

 

 

あくまでも申込者に収入がなければなりません。配偶者のお給料が良くでもプロミスの場合は審査に申し込みをすることは不可となります。

 

 

収入に関しては高い、低いの金額は借入額に影響が出るだけです。基本的には大丈夫ですし、雇用形態も正社員、派遣社員、契約社員、パ―ト、アルバイトなど雇用形態にはあまり関係なく毎月の収入が安定をしているのか?が大事です。

 

 

就職する。もしくは転職をしてから最低でも半年は仕事を続けていないと審査に通過をする確率は低いです。

 

 

ブラックリストはお金に関する問題児として信用情報に最低でも7年は記載をされていますので審査に通過をすることはできないと思いますし、過去に債務整理などの手続きをしている方も返済能力がないと判断をされますので難しいでしょう。

 

 

4つめの総量規制とは、年収の3分の1以上は借りられない法律となっています。そのため、ほかの消費者金融で借り入れをしている場合にはそれを合算をした金額になります。たとえば、年収が300万円の方は100万円までしか借入をできない決まりとなっています。

 

 

もちろん上限ぎりぎりの方や、3社以上の借入をすでにしている方の場合も同じく審査に通過をすることは難しくなってきますので気を付けましょう。

 

 

プロミスも貸したお金はちゃんと返済をしてもラわなければ意味がありませんので、そのあたりはシビアに見ている印象があります。最低条件に関しては上記の4つは確実ですが、審査は様々な項目から判断をされていますので最低でも4つはクリアをして申し込みをして下さいね。

 

 

クリアできていない場合は審査に落ちる可能性もありますよ。

 

 

一緒に読まれています。
プロミスの詳細情報

 

 

プロミスはバレない

 

 

 

 

サービス一覧

人気記事

プロミス 審査

プロミス 即日

プロミス 金利

プロミス 比較

プロミス 借りたい

プロミス 東京

プロミス 大阪

プロミス 他の地域

プロミス 職業別

プロミス サービス情報

即日融資 情報

キャッシング 即日情報

お金を借りる方法

リンク集

このページの先頭へ